これで出産の準備は完璧!本当に必要な入院準備リスト【陣痛~退院まで】

んにちは、ちみこです。

ちみこ

出産に向けた入院準備、進んでますか?

たった1週間弱のことなのに、
準備物が多くて大変ですよね。

入院案内などに書いてあるものを準備するのはもちろんですが、
実際に出産、入院してみて、
「これがあればよかったな~」とか、
「これはいらなかったな~」とか思うことが多々ありました。

今回は、過去2回の出産経験に基づいて、
本当に必要だと思ったものをリストアップしたいと思います。

この記事を参考に、
ご自分にあった最適な入院準備をしてくださいね。

用意するバックは3つに分ける!

①陣痛バッグ…出産するときすぐに必要になるもの

最低限これだけ持っていけば産める!というものを詰め込みます。
急な破水や陣痛が来ても、慌てることなく、
自分一人でも持っていけるようにしておいてくださいね。

②入院バッグ…入院中必要な物

すべてそろえると結構な大荷物になります。
産院で準備されているものを事前に確認して、
必要なものをそろえておくようにしてください。

③退院バッグ…退院するとき必要になるもの

入院バッグにINしてしまってもいいかもしれませんが、
すぐには使わないので、
かさばる場合は後日パパに持ってきてもらってもいいですね。
退院するときに必要なものを分けておくと、入院中も荷物がごちゃごちゃにならずに済みますよ。

いつまでに準備すればいいの?

妊娠28週ごろから準備をし始め、32週ごろまでに終えていると安心ですね。
そのころになれば、お仕事をされている方も産休に入る時期ですし、
臨月に入ってしまえば足りないものを買いに行くのも一苦労です。

急な出産に慌てることがないよう、早めに必要なものをリストアップして
準備しておけるといいですね。

ちみこ

入院準備は妊娠8ヶ月ごろを目安に。

 

病院で準備しているもの(※病院によって違います)

わたしが2人目を出産し、3人目出産予定の産院の例です。

出産予定の病院で準備されているものと照らし合わせて、
足りないものは各自準備するようにしてくださいね。

  • 分娩衣
  • 入院着
  • おむつ
  • ミルク
  • ナプキン(各サイズ)
  • 産後パッド
  • 産褥ショーツ1枚
  • おしりふき
  • 母乳パッド
  • 防水シーツ
  • アメニティセット

・入院着

入院中、部屋で過ごすのに着るものです。
たいていの方は授乳しやすい前開きのパジャマ(マタニティと兼用)を用意しているかと思います。

わたしは極力荷物を減らしたいので、
産院で準備されているものを借りる予定ですが、
自分で着やすいものがいい方は、2~3着準備しておいてください。

長女は冬の出産でしたが、病院内は温かく、
すぐにシャワーを浴びれないこともあり、
パジャマの替えが間に合わなくて不快な思いをした経験があります。

 

・母乳パッド

産院でも準備されていることがありますが、(大抵の産院では購入もできます)
新生児は頻回授乳のため、数が足りなくなる可能性があります。

わたしは実際足りなくなりました
産院で用意されている場合でも、
2日分くらいは余分に持参していった方がいいかもしれません。

 

・アメニティ用品

わたしが出産する産院では、ありがたいことにアメニティ用品が準備されていました。
シャンプー、リンス、ボディソープ。
1週間弱のことですし、特にこだわりはないので活用させてもらうことに。
洗面用品は普段使いのものを準備しておきました。
タオル類も足りないものは準備。

 

①陣痛中、お産の時に必要な物、あると便利な物

 

  • 母子手帳・診察券
  • 汗拭き用タオル
  • ペットボトル用ストロー
  • 飲み水(イオン飲料など)
  • リップクリーム
  • カメラ・ビデオカメラ(立ち合い出産の場合)
  • 産褥ショーツ(産院で準備がない場合)
  • 小銭入れ(タクシー代くらい入れておくと安心)
  • 大きめのナプキン
  • バスタオル
  • トコちゃんベルト(普段着用しているのでそのまま着けていく)

・ペットボトル用ストロー、飲み水

陣痛中、いきみ逃しの呼吸でかなりのどが渇きます
でも、終盤になればなるほど、頭をあげてボトルをもって水分補給、なんて無理!!
さっと水分補給できるように、セットで準備しておいてくださいね。
100円均一に売っているもので十分間に合いました。

 

・リップクリーム

同じく、唇もかなり渇きます
意外に盲点ですが、小さな不快は取り除いておきましょう。
入院中も重宝しますよ。

 

・カメラ

旦那様が立ち会ってくれる場合は、事前に準備しておきましょう。
一生に一度の思い出になります。
産院によっては撮影NGなところもあるので、
確認しておいてくださいね。

わたしの場合、
1人目を産んだ産院は動画はNGでした。
2人目は動画もばっちり撮影。
リアルすぎてすさまじい光景だけど、
子どもが大きくなったらみせたいなぁ~。

 

・トコちゃんベルト

出産でガタガタになった骨盤のための必須アイテムです。
産後すぐに使える骨盤ベルトといえばトコちゃんベルト。

一般的な産後のリフォームガードルなどとの違いは、
妊娠初期から産後(しかも分娩直後から使える)まで、ずっと使用できるところ。
腹帯やらガードルやら買いそろえる必要がないので、
お値段以上に役に立ちますよ。

産院によっては、用意しておけば
分娩後に助産師さんがつけてくれる所もあります。

産後の腰痛防止デカ尻予防は分娩後すぐが勝負です!
妊娠中、入院着の上から巻いておくだけでも恥骨や腰の痛みが大分楽になりますよ。

妊娠中の恥骨痛、腰痛も、トコちゃんベルトにだいぶ助けられました。

②入院中に必要な物、あると便利な物

 

  • 入院手続きに必要な書類
  • 筆記用具・印鑑
  • 食事に使用するもの(はし、スプーン、コップ)
  • 普段使っている洗面用品(フェイスタオル2~3枚)
  • シャワー用具(バスタオル2~3枚)
  • 部屋着(必要な場合2~3着)
  • 産褥ショーツ2~3枚
  • スリッパ
  • ガーゼ5~6枚
  • 授乳クッション
  • 授乳ケープ
  • 母乳パッド
  • 乳首ケア用品
  • 携帯用充電器
  • ヘアゴム(必要な方)
  • 羽織れるもの
  • ボックスティッシュ
  • 常用している薬

・食事に使用するもの

使い捨てのできる、割りばしやプラスチックのスプーンが便利でした。
4~5日分をシッパー付きの袋に入れて持ち込み、
汚れたらその都度捨てる。
ちょっともったいない気もしますが、1週間弱のことですし、
赤ちゃんのお世話で忙しいのでそこは目をつぶります。

「そんなのエコじゃないよ~」って方はマイはしを持参してください。

 

・授乳クッション

かさばりますが、授乳クッションは必須です!
(産院によっては準備があるとことも)
ただでさえ小さな新生児。
クッションがないと授乳しにくいです。

 

・授乳ケープ

産後、来客が予想される方は是非持って行ってください。
例えば義両親が来た時に、「おっぱいあげるので退室してください~。」…って、
言えませんよね?
そこは空気を読んでほしいところですけどね。

 

・母乳パッド

産院で用意してあるところも多いかと思います。
わたしの場合、枚数が足りなくなった経験があるので10枚ほど持参。

 

・乳首ケア用品

必須です!!!
乳首のケアは最初が肝心です。
1人目の時は、何も知らずになんの準備もせず、
加えてへたくそな授乳で乳首が見事に切れました。。

合わせて、必ず出産前におっぱいマッサージをするようにしてくださいね。
おっぱいを守れるのは自分だけですよー!

オススメのケア用品は、ピュアレーン

乳首ズタズタ期に、
馬油やランシノーも試しましたが、
固すぎず柔らかすぎず、一番使いやすかったのがピュアレーンでした。

ふき取り不要で授乳できるのも楽ちん♪
(気になる方は、清浄綿でふき取ってください。個装になっているものが便利です。)

授乳後のケアはもちろん、
授乳前に乳首をほぐしておくと乳頭亀裂の防止になりますよ。

③退院時に必要な物

 

  • 赤ちゃんの退院着
  • おくるみ
  • ママの退院着
  • 大きめのエコバッグなど(洗濯物入れ)
  • ビニール袋2~3枚
  • 紙袋などの大きめの袋(サンプル品、お祝い品入れ)

・大きめのエコバッグ

退院後、ガサっと洗濯カゴに(なんなら洗濯機に直接)入れられるよう、
ネットも数枚合わせて入れておくと便利です。
自宅に帰ってから荷物の整理、億劫ですよ~。

・大きめの袋

入院中、産院やミルクの販売業者などから、たくさんのサンプル品やカタログなどをもらいます。
産院によっては記念のアルバムなんかももらいます。
これが結構な量になる。
持って帰るのが大変です。

入院中にお祝いを持ってきてくれる親せきや友人もいますので、
それらも含めてひとまとめにできるように、
大きめの袋は用意しておいた方がいいですね。

 

 

さいごに

産院のパンフレット等に書いてあるものを忠実に準備して持って行っても、
いざ入院してみると「あれも足りない」「これも足りない」ということがありました。

特におっぱいのケア用品や骨盤ベルトなど、
自身の体に関するものはないと致命的!

おっぱいに関しては1人目の時に地獄をみたので、
真っ先に準備しました。

ちみこ

来たる決戦の日のために、ばっちり備えてくださいね。

 

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です